室内での人体への影響や、製作過程・廃棄時の環境への配慮から、無垢材と安全な合板を組み合わせ、オイル塗装と蜜蝋ワックスで家具をつくるようになりました。

 

無垢材は反りや伸縮を防ぐため、反り止めをつけたり框組みにするなど対処が必要です。そういった欠点もありますが、合板にはない良さをもっており、メンテナンスをしながら永く使っていただけます。

 

接着剤も有害な化学物質を含まないものを選び、塗料も植物性のオイルを数種類そろえています。製作する前に、お客様に手触りやにおいを確認していただいています。

硬く、目も緻密で光沢があります。
外側の白い部分と中心の赤い部分がはっきり分かれています。
ヤマザクラの代替品として使われることが多い。

主な素材

無垢材のなかでは安価で、軟らかいので テーブルよりは
扉やキャビネットに向いています。
カバと似ているので、カバ合板と組み合わせることも多いです。
明るい空間になります。

特徴のある木目と、濃い色が特徴。
クリアのオイル塗装でも、時間とともに濃くなっていきます。
テーブルなどに人気の材です。

代表的な家具材のひとつです。
木目がはっきりしていて、「虎班」と呼ばれる 独特の杢目が
でることもあります。 着色にも向いており、合板もよく使われます。

目が細かく、絹のような光沢があります。
硬いので加工は大変ですが、 イスやテーブルなど、
強度が必要な家具がつくれます。
時折り、鳥眼杢(バーズアイ)という丸い模様が見られます。

色が落ち着いていて、人気のある樹種です。

加工製もよく、家具やキッチンに幅広く使われています。ほとんどの木は経年すると色が濃くなっていきますが、ウォールナットは経年と共に少しずつ白っぽくなっていきます。

針葉樹をご要望の場合には、ヒノキやサワラを使います。

独特の油分や香りを持っています。
軽く、加工性も良いのですが、やわらかく傷つきやすいです。

サンユーペイント / 春風

アトリエ・ベル / クラフトオイル、蜜蝋ワックス

F&B / オスモカラー / リボス / アウロ、他

オイル

接着剤

コニシ株式会社 / ニューCH18、WG22、他